レビトラのあれこれブログ

レビトラの服用方法や飲むタイミング、注意点、副作用

錠剤

レビトラの服用方法や飲むタイミング、注意点、副作用

手に錠剤

レビトラの飲み方・服用方法・使用方法

レビトラとはアスピリンで有名な製薬会社が開発したED治療薬です。

この治療薬は保険適用外の薬なので自費診察となります。

これの飲み方として注意しなければならないのは食事の影響を受けやすいということです。

ある一定以上のカロリーをとってしまうと服用した効果が十分に発揮されないので空腹のときに服用すると効果が発揮できこれはレビトラの服用方法や使用方法の欄にも記載されています。

緊張しやすい人は精神安定剤と一緒に服用するとより大きい効果を発揮するということも効率的な飲み方です。

特にこのレビトラの効果が発揮されやすいのは糖尿病の患者です。バイアグラではあまり効果がなかった時にはレビトラを空腹時に飲むとよいです。

レビトラを服用する時間・使用タイミング

ドイツの製薬会社が製造しているレビトラは、ED治療薬として有名な薬です。

しかし、日本の医療機関での処方は、保険適用外となりますので、注意が必要です。

バイアグラと同じように、服用したからといって、すぐに勃起するわけではありません。

勃起を助けるために血管を膨張させる薬となりますので、性的興奮をして勃起を助けてくれます。

服用時間のタイミングとしては、行為を行う前の30分ほど前には、飲むようにしましょう。

バイアグラとは、成分が違いますので、持続時間が長いのも特長です。

効果時間は、5時間以上とも言われますので、性的行為に自信が無いのにもかかわらず、行為を行う可能性があるのであれば、持続時間を見越して服用するのもよいかもしれません。

レビトラの副作用・注意点

レビトラは勃起不全・ED治療の治療薬でバイエル社というドイツの大手製薬会社が製薬・販売しています。

レビトラの副作用としてはED治療薬なので血管拡張作用があるため顔のほてり、鼻づまり、体の中が暖かくなったりすることもあります。

胃が刺激され胃酸過多になり胃が痛むこともあります。

また眩しかったり、青のサングラスをかけているような一過性の視覚異常が現れることもあります。

レビトラの作用が無くなれば収まることが多いようですが視力低下等がでた場合には速やかに専門医に相談することをおすすめします。

注意点としてはレビトラは性的興奮作用や性欲増進作用はないので飲んだだけでは効果は現れず飲んで性的興奮をしたときに効果を発揮する薬です。